MBABuffet.com

GMATは、ビジネススクールへの出願の際に極めて重要な項目となるテストで、世界中のビジネススクールが採用しています。GMAT対策サービスのMBABuffetでは、トップ校への合格基準となる90パーセンタイル(約700-710点)が達成可能となるよう、ハイレベルな問題と講義を揃え、受験者様をサポートしていきます。

動画レクチャーでは、基礎から応用まで徹底して解説、問題の解き方を説明することで、コンセプトの理解と問題を解くスキルを強化していくことができます。エッセーやIntegrated Reasoning (IR)の練習をすることも可能で、テスト全体への対策をいっぺんに行うことができます。
 

AWA

GMATのエッセーセクションである Analytical Writing Assessment では、30分で1枚のエッセーを書きます。与えられた命題に対し、論理的な欠陥や確立されていないアサンプションを追及していく、argument 形式のエッセーです。MBABuffetでは、送信されたエッセーは自動的に専属講師に送信され、採点と個別指導コメントが返送されます。着実にスキルアップしていくことができます。

Integrated Reasoning

新しいセクションである IR に対しても、MBABuffetなら併せて対策を行うことができます。他のセクションと比較し、導入が最近であるこのセクションは、問題形式や内容が変化しています。MBABuffetでは、典型的な問題を紹介しています。

Quantitative

GMATの数学問題は、単純に数式を組み立てて解くだけではなく、条件わけ、場合わけしながら、論理的に「考える」スキルが求められます。MBABuffetの問題を通じて、論理的な数学思考を身につけていくことができます。

Verbal

GMATの英語セクションでは、長文読解、論理思考問題、文法問題の3パターンの問題が出題されます。長文読解、論理思考問題、文法問題、いずれの問題タイプでも、論理的に考えベストな選択肢を選ぶスキルが求められます。MBABuffetでは、そうした高難易度の問題に対応し、700点超えができるレベルの問題を大量に揃えています。

 

Buffet教育システムの全体像、詳細サービスについては、こちらのページをご参照ください。 [What is that exactly?]

More information can be found on MBABuffet.com directly.