GreatestBuffet.com

GreatestBuffet(グレイテスト・ビュッフェ)では、大学院留学の際に要求されるテスト、GREへの本格的な対策を行うことができます。英語ネイティブにとっても極めて難易度の高いテストとして知られており、留学生としての受験者は、特にバーバルセクションでのスコアアップが大きな課題となっています。

GREは、レベルの高い英単語や数学の公式を「予め知っている、覚えている」という知識ベースが重要になります。選択肢の単語が分からない状態では幾ら考えても問題は解けず、また公式を知らない数学問題も同様です。GreatestBuffetでは、頻出する語彙や公式、問題パターンを予め大量に試しておくことで、効率的で大幅なスコアアップが実現できます。
 

Writing

GREのライティングセクションでは、30分のエッセーを2個(合計1時間)書くことになります。それぞれのエッセーで最低でも500単語程度を書くことが要求されるハイレベルなライティングにおいては、独学では到達できないレンジが広くなります。GreatestBuffetでは、専属の講師が、採点から改善のポイント解説まで詳しく説明し、スコアアップをサポートします。

Verbal

バーバル(英語)セクションでは、短文穴埋め問題と長文読解問題が出題されます。GREには、テストによく出る語彙を予め覚えておかなければ答えられない、という特徴があります。ネイティブでも知らない単語がずらりと並ぶバーバル問題では、GreatestBuffet で問題を解く中で単語を覚えていくことが、スコアアップへの効率的なアプローチとなります。

Quantitative

GREの数学セクション、Quantitative セクションは、予め覚えておいた公式を適切に使用しながら、数学の問題を解いていきます。数学のレベル自体は中学数学プラス、高校1年生の数列、確率の一部までとなるため、高度な微分積分などの知識は不要ですが、GRE独特の問題形式、考え方、解き方に慣れておく必要があります。またGreatestBuffetで問題を解くことを通じ、「数学英語」を覚えておくことが重要です。

 

Buffet教育システムの全体像、詳細サービスについては、こちらのページをご参照ください。 [What is that exactly?]

More information can be found on GreatestBuffet.com directly.